6月新刊発売のお知らせ

  • 2015.06.24 Wednesday
  • 10:44
もっと早く更新しようと思っていたのですが、
なかなか仕事が片付きませんでした。

新刊発売のお知らせです。
明日、6月25日にメディアワークス文庫様より、
『桜かんざしの舞妓さんと怪盗大旦那』が発売されます。

前作を読まれた方はタイトルでわかるかと思いますが、
あの舞妓さんと大旦那のお話になります。

舞妓さんの花簪は月ごとに変わりまして、
桜の意匠は4月に使われるものです。
ということで、季節は4月。一花がお店出しをした後のお話です。

『舞妓さんと怪盗大旦那』を気に入ってくださった方がいましたら、
是非お手にとってみていただけますと幸いです。

またメディアワークス文庫のHPにあらすじなどが
掲載されていますので、よろしければご覧になってください。
http://mwbunko.com/product/2015/06_02_isbn.html
コメント
範乃先生、新刊発売おめでとうございます。早速買ってきます!
前巻と合わせて読もう(ウキウキ
  • サイトウ
  • 2015/06/25 11:08 AM
サイトウ様へ

いつもありがとうございます!
とても嬉しいです。
  • 範乃
  • 2015/06/26 9:30 PM
舞妓さんの話は好きだったので続編嬉しいです。明日には買いに行こうと思います。それと前作からもう八ヶ月もたってるんですね、時が過ぎるのは早いですねぇ
  • 小西
  • 2015/06/26 10:58 PM
小西様へ

ありがとうございます。とても嬉しいです。
時が過ぎるのは早いですよね。子供の時とは大違いです。
  • 範乃
  • 2015/06/27 8:54 PM
マヤサンカワイイ
  • サイトウ
  • 2015/09/14 8:50 PM
twitterでまんごープリンさんへの質問ツイート見たら、まやさん人気過ぎてワロタ
  • サイトウ
  • 2015/09/15 12:48 AM
サイトウ様へ

ありがとうございます!

まやさん……なぜか攻略できないという……
切ない仕様となっております……。
  • 範乃
  • 2015/09/21 9:34 PM
発売おめでとうございます!
  • サイトウ
  • 2015/11/07 9:42 AM
サイトウ様へ

ありがとうございますっ!
  • 範乃
  • 2015/11/07 8:44 PM
発売おめでとうございます!

遅くなりましたが、先日購入し、
読了致しました。

前作からのファンなので嬉しかったです!
今回も素敵な作品をありがとうございました!
読む手が止まらず一日で読んでしまいました!

寒くなってまいりましたので、
お身体ご自愛くださいね。
  • 月猫。
  • 2015/11/22 2:46 AM
月猫。様へ

お読みいただきまして誠にありがとうございます。
読む手が止まらないとのお言葉、嬉しい限りです。
とても励みになります。

これからも、そのように思っていただける作品を
書けるよう努力しますので、見守っていただければ幸いです。

月猫。様も、どうぞお体に気をつけてくださいませ。

  • 範乃
  • 2015/11/23 6:44 AM
よしっ!よしっ!!(エイプリルフールのアレ
  • サイトウ
  • 2016/04/02 2:13 AM
サイトウ様へ

ありがとうございます。
そんな好反応があるとは思いもよらず、元気が出ます。
  • 範乃
  • 2016/04/04 11:12 AM
マヤサンカワイイ
ファンディスクでないけれどしかし、現状でとても良いアフターサービス?の形だと思いました。
なるほどそこがあったかー、と(笑)



ところで、『虐殺器官』というSFを読んだのですが、先生ご存知でしょうか。
著者の伊藤計劃氏はその経歴と、そして現在のノイタミナにおける映画化プロジェクトなどもあり
一躍有名になっていますが、自分は4年ほど前に著作に触れて、知りました。

そこから伊藤氏と関わりの深い小島秀夫ゲームデザイナーのことについて知り
(というより、名前は存じておりましたが、その作風についてを知り)、
昨年発売された『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』のゲームに触れるなどして、
ああいった形のSFについて少し知ることが出来ました。

両者は「言語」について、言語が人間とその社会で受け持つ役割について扱うのですが、
自分はこれを経てまた鮮明に「マリシャスクレーム」を思い起こしました。
勿論前者と後者では焦点が全く異なりますし、そも「言語」というと余りにその範囲が広いですが、
言葉というものが持つ力、どんな凶器でもつけられない傷をつけることの出来る力というものを、
言葉は持っているのだと、矢張り漠然とですが、思いました。

何より同作者による遺作『ハーモニー』に登場する、慈愛に満ち満ちて人を抑圧する言論・空気は、
『マリシャス』のどこまでも丁寧で良心的な言葉の暴力と重なり、
居た堪れない気持ちになりました。

『メタルギアソリッド5』で「人は国に住むのではない、国語に住むのだ」と、言語学者の
言を引用する場面がありますが、この言葉に限って言えば、納得より寧ろ実感する気持ちにさえなります。
文字を読むこと、言葉を発すること、口に出すこと、脳の中で喋ること、その神経を何となし意識すること。
人と人とが、声や顔やその他のインターフェイスを通じて情報を交換すること。
そこに悪意を、あるいは善意を忍ばせるとき、それはその時その時代その場に応じた「言葉」に、
「文法」に、「コード」に乗って往くのだと…。



…長い…(汗
割に長い…(スミマセンスミマセン
要するに「言葉」についてのSFを読んだので、マリシャスを思い出しました、ということでした!
何か毒されてる自分を意識しつつ。まだ多少肌寒い感じですので、お体お気を付けくださいませ。
  • サイトウ
  • 2016/04/06 3:23 PM
はじめまして。

前作の方を拝読しました。
大旦那さんの言葉遣いがとても綺麗で、執事邸の副題で出てきた地名も京都と初めて知り、だから執事さん達の敬語も綺麗なのか、とニヤニヤしながら読んでしまいました。

思わず声に出して京言葉を読んでしまうほどでして、格好いい大旦那さんが大好きになったので、こちらも絶対に読ませて頂きます!

まだ執事邸とこちらしか読んだことはありませんが、範野先生のファンです。

これからも応援しています!
  • 2016/04/15 5:11 AM
雲様へ

お返事遅くなりまして申し訳ございません。
舞妓さんと怪盗大旦那をお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

本作では京言葉をがんばって調べまして、粋な感じが出るようにと心がけましたので、言葉遣いが綺麗という感想は大変嬉しいです。ありがとうございます。

執事邸もお読みいただいているとのことで、とても嬉しいです。おっしゃる通り両作とも京都が舞台でして、ちょっとしたつながりですか、楽しんでいただけたようでなによりです。

ファンです、とその言葉がなによりの励みです。本当に嬉しいです。コメントを書いてくださり、ありがとうございます。


これからも応援に応えられるように努力いたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
  • 範乃
  • 2016/04/28 10:14 PM
サイトウ様へ

お返事遅くなりまして申し訳ございません。


『虐殺器官』、タイトルは存じていたのですが、
恥ずかしながら実は読んでおりません。

サイトウ様の説明を見ますと、
どうも私がタイトルやあらすじから想像していた物語とは
けっこう違っているようで、興味が出てきました。

読んでみたいのですが、最近は読書と言えば
資料ばかりという状況でして仕事に追われております。
しかし、隙があれば挑戦します。


言葉について。的外れかもしれませんが、
思考は言葉でできていて、だから言葉に支配されている部分が
あるんじゃないかという気がしています。
 思考から生まれる感情なんかもやはり言葉に支配されている。言葉がすべてなくなったとしたら、思考は限りなくゼロに近くなります。その時、どれだけの感情が残るのか? モラルという言葉、それに類する言葉の一切が消えた時に、モラルという感情は残るのか。モラルという行為は残るのか。因果応報という言葉が消えればどうか? 希望という言葉がなくなっても、希望を持っていることができるのか?
 最初は感情や本能、行為から言葉が生まれたのかもしれませんが、そのうちに言葉が言葉を生んでいき、そうしてどんどん複雑化していった言葉から今度は感情や行為が生まれるようになったのではないかと思います。
 言葉でできた感情だから、悪意のある言葉をぶつけられたときに歪められ、なかなか治らない傷になるときがあるのかもしれません。そして、やはり言葉でしか癒せないのかも。

 人の心は言葉でできているのかも。サイトウ様の文章を読んでいて、漠然とそんな妄想をしました。


マリシャスを思い出していただけてとても嬉しいです。

また心に残るような作品が書けるように、
道のりは長いですが一歩一歩がんばります。


コメントありがとうございました。
サイトウ様もお体に気をつけてくださいませ。
  • 範乃
  • 2016/04/28 10:18 PM
お返事有難う御座います。
連休を利用して、過去作を読み返そうと思っています :)
ではよい5月を!
  • サイトウ
  • 2016/05/03 12:05 AM
ツイッターにファンアートを上げたので、良かったら見て下さい。
#特異領域の特異点
タグにて。あるいは下の自分のページより。
・・・こんなゴリ賢悟とゴリヒロインを誰が望んだのか
saitom 先生ごめんなさい^^;

https://twitter.com/you_h_yuu
  • サイトウ
  • 2016/06/20 11:47 AM
サイトウ様へ

いつもありがとうございます。
ファンアート拝見しました。
これまで自著のこういったものを見たことはなかったので、
最高に嬉しいです。

だんだんと暑くなってきましたがご自愛ください。
それではまた。

  • 範乃
  • 2016/06/23 8:56 PM
大阪市がクレーマーに勝訴
http://news.livedoor.com/article/detail/11782995/

|д゚)マリシャってる
  • サイトウ
  • 2016/07/20 8:28 PM
サイトウ様へ

大変遅くなりまして申し訳ございません。

こちらのニュース、今は削除されてしまったようですが、
私も見たように思います。

実際にやられてはたまったものじゃないな、と思いながら読んでいました。とはいえ、現実的には法的手段をとることになりますよね。

いつもありがとうございます。
最近は猛暑日が続いておりますので、お体にお気をつけくださいませ。
  • 範乃
  • 2016/08/07 1:57 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM